メイン画像

忙しいけれどもう少しお金がほしい

忙しいけれどもう少しお金がほしい、高校生なのでなかなか時間が取れず、長い時間は働けない。こういう理由で、新しいバイトを探したい人の中には短時間のバイトを見つけたい人も多いのではないでしょうか。高校生を活動的に受け入れているところでは短時間のバイトでも可能なところが多い傾向があります。バイト情報誌やホームページでも勤務時間については細かい点まで書かれている場合があるので、しっかり確かめてみるのがおすすめです。あるいは、実際に出向いたり電話したりして確認するのも確かだと思います。

世の中には家計を助けるためパートしている主婦などが大勢います。御主人の扶養の中で働くことで、年収103万円以下であれば専業主婦と同じく所得税が免除できるようになるでしょう。それは主婦だけに当てはまるのではなく、学生にも当てはまります。扶養家族にカウントされることで、親が払う税金が下がります。でも子のバイトで年収103万円を超過してしまうと税控除ができなくなることで、税金が上がってしまうのです。あなたが扶養家族に入っているならば、先にどれくらいの給料を稼ぐことができるのか計算しておきましょう。

バイトなどでも社会保険に加入をするために、週の労働時間が社員の75%以上であることに加え、一ヶ月の労働時間が正社員の75パーセント以上であるという条件をクリアしていなければいけないでしょう。しかしながら2か月以内の短期間の契約である時や、日雇いなどのバイトである場合は、社会保険に加入しなくても良い、と決められています。自身のバイト先の会社と長期契約をしており、更に勤務日数や働いた時間が決められた条件を満たしているならば、仮に勤務できなくなった場合のことを考慮して、社会保険に加入する方が賢明といえるかもしれません。